29歳独身男性会社員の人妻との出会い

ある時、私は無性に人妻と言う言葉が気になりだしました。田舎町の会社とアパートを往復する単調な生活で、夜は仲間と飲みに出かけるか、一人の時はネットで無料のAVサイトを見て過ごすと言う味気ない毎日を送っています。そんな中でAVの人妻ものの激しさと、スリリングな感じがやけに心に響いたのです。
学生時代には彼女もいましたし、人並みにHの経験もあります。しかし、就職して田舎町の事業場に配属になり、彼女ともいつの間にか自然に別れ、それ以来性欲の処理は、AVを見て自分でするという寂しい状態です。
気になっている人妻と、一度で良いからやりたいという思いが募って来ました。かと言って、実際に会社以外での人妻との出会い、ましてやHをする関係になるなど不可能です。そんな時、ネットの出会い系を利用する事を思い付きました。出会い系に登録する人妻なら、その気持ちが満々だろうし、簡単に見つかると思ったからです。
登録しても、中々人妻と実際に会う機会を得る事はできませんでした。大都会なら機会も多いのでしょうが、田舎町で実際に会うとなると、対象者が少ないからでしょうネ。ようやく、メールのやり取りをし、私の住んでいる町の場所が分かると、遠くて会えずに残念ですと、それっきりです。
それでも諦めずに、頑張り続け、5ヶ月ほどして、ようやく車で1時間半程の距離にある地域では比較的大きな町に住むと言う人妻と知り合う事ができました。
何度かメールのやり取りをし、その人妻の住む町の喫茶店で実際に会う事にこぎつけました。その人妻は自称33歳でしたが、実際は40歳前の感じで、やはりサバを読んでいるのが判りました。しかし、そんな事はどうでも良く、ただただ私はその人妻とやりたい一心でした。
少し話して、ホテルに誘うと、以外とすんなりとOKをしました。やはりその人妻も、夫のHに不満でもあり、やりたい思いで私に会いに来たのでしょうネ。
その町では、目立つといけないので、車を走らせ、少し離れた国道沿いのラブホに入りました。私は久しぶりのHで、相手が憧れの人妻とい事もあり、焦りを押えながらHを始めました。最初は私がリードしていたのですが、いつしかその人妻が上になり、それからは人妻の激しいHに、ただただ身を任せる状態でした。
最後は、屈曲位の男女を入れ替えたようなアマゾネスというAVでは見た事のある体位で、フィニッシュを迎えました。予想通りの激しいHにもうメロメロで、また会ってもらう事を約束して別れました。諦めずに、出会い系で我慢強く探した事が本当に良かったと思っています。今から、再会の日が待ち遠しいですネ。

20歳男子大学生の人妻との出会い

バイトで知り合った優花さん(28歳)はさばさばしていて、女優の江角マキコとかりょうみたいな雰囲気のある女性だ。
これが僕の初めての人妻との出会いだった。
優花さんはとってもきれいで、全然人妻なんて思わなかったし、年ももっと若いと思っていた。
話をしていくと、以前は大型のトラックを転がしていたこともあるとのことだった。
サバサバしている性格はきっとそこからきているのだろう。
今回の人妻との出会いは僕にとってはさらに大きな意味を持っていた。
それは童貞の喪失だ。
世の中の童貞が夢見るように、人妻が優しく手ほどきしてくれる。
そんな体験を人妻との出会いによって果たすことが出来たのだ。
今思い出しても甘美なひとときだった。
僕はバイトで、優花さんの忘れ物を発見した。
連絡先を知っていたので、優花さんにそれを告げると、家まで持ってきてくれと言われたので、案内された通りに彼女の自宅へと伺った。
家へ到着すると、 「手間かけちゃって悪いね。
お茶でも飲んでいきなよ」 と、僕は促されるままに彼女の家にあがりこんだ。
そして彼女は僕の恋愛経験などを聞きたがり、僕は話をした。
そしてまだ女性経験がない、と言うと、 「本当に!?なに、じゃあ教えてあげよっか?」 と冗談ぽく言うので、 「じゃあお願いします」 と冗談のつもりで返したら、なんだかただならぬ空気になり、 「じゃ、早く準備しなよ」 と言われ、あれあれ?と思っている間に僕の初体験は過ぎ去ったのだ。
これが初体験と初めての人妻との出会いだった。