お金くれる人

パトロンが欲しいなら出会い系サイトを使う
義理両親なんだけど、嫁の私のことがあんまり気に入らなかったみたいなんだよね。
それで、旦那は実家に帰ることはあっても、私は一緒にい行かないで留守番したりしてたの。
別に私が拒否してるわけじゃなくて、旦那が「無理して来なくていいよ」って言うから。
それに、つわりがひどかったからね・・・あ、私たちデキ婚だったからさ。
子どもが生まれてから、初めて義理実家に赤ちゃん連れて遊びに行った時からなんだけど・・・義理のお母さんが私にお金くれるんだよね。
「色々大変でしょ、美味しい物でも食べなさい」って、旦那に内緒でこっそりくれるようになったの。
今まで義理のお母さんとあんまり付き合いなかったし、お金くれる人だと思ってなかったから、びっくりしたけど、ありがたかったんだよね。
実際お金足りないってことも多かったしさ。
今まで義理のお母さんのこと誤解してたのかな、なんて反省した。嫌われてるって一方的に思いこんでたからさ。
嫌いな嫁にお金くれる人なんていないでしょ。義理母も歩み寄りたいって思ってくれてたのかなって思ったら、急に親近感わいちゃって。
それで、旦那が実家に帰る時には、子どもも連れてみんなで一緒に行くようになったわけ。
子どももお祖母ちゃんに懐いてるみたいだし、義理母もよろこんでるし、私もお小遣いもらえるし。
だけど、毎回、一万から三万くらいの範囲内でお金くれるからさ、最近もらいすぎなんじゃないかと心配になってる。
いくら相手がお金くれる人でも、月に最低二回は義理実家に行くわけで、そのたびにお金もらうんだもん、もらいすぎ?って気になっちゃう。
パトロンが欲しい

セックスしたい

優良出会いサイトでセフレ募集
私は派遣社員として、ある大手企業で役員秘書をしています。
秘書らしくきちんとした身なりや態度でいるせいか、真面目とかお堅いと言われているみたいです。
でも実は私、高校生までギャルで、そのうえ毎晩遊び歩いていたような人間だったので、見た目に反して、中身は馬鹿で軽い女なんです。
社長秘書として派遣されることになった時も、実は「これで出会いあるかも!」なんてことばかり期待していたくらいです。
だけど、さすが大手企業だけあって、役員室前のカウンターでニコニコしていたって、誰も個人的なお誘いなんてしてくれません。
役員からのセクハラや愛人の誘いなんていうのもないし・・・やっぱりドラマと違うんですね。

そんなことを考えて半年ほど勤務した頃、外部の人から、待ちに待ったお誘いがありました。
名刺を2枚渡されて、あれと思ってそれぞれをよく見たところ、1枚に「個人的に連絡欲しいです」と携帯電話の番号が書いてあったのです。
私は退勤後、すぐに電話をかけました。
そしたら、その晩、早速食事に誘われました。
彼は大手企業の役職者だったので、
「このままセックスしたいなんてほのめかして、肉体関係になれたら、結婚もアリかな・・・」
なんてことも期待しちゃっていました。

彼との待ち合わせ場所は、個室のあるダイニングバー。
個室だから大胆になったのでしょうか、彼は次第に積極的になって、私の手を握り、腰を抱き・・・
「君さ、俺のこと好きなんだってすぐにわかったよ」
なんて得意げに囁かれたけど、別に好きだったわけではないんだけど。
「他の人にやったら犯罪ですよ」
と、軽く釘を刺してあげました。

彼はなんだか自意識過剰で、私が彼のことを好きで仕方ないなんて思っているみたい。
「君とセックスしたい」なんてストレートに誘われて、さすがにドン引き・・・
しかも話の途中で、既婚者だってことも判明。
さすがの私も、既婚者とセックスしたいなんて思わない!
適当におだててお酒をたくさん飲ませて、べろべろに酔いつぶしてからタクシーで帰宅させました。
がっつくとろくでもない男に引っかかっちゃうって本当なんですね。反省です。
セックス経験

援助の相場

私は援助の相場がどのくらいのものかわかりません。大体、私は出会い系サイトで知り合った女性と会う時は、援助の相場以上を渡そうと思っています。援助の相場以上を渡すことで、その女性の生活が潤うなら私はそれで良いと思っています。私は、金銭的には余裕があるので、そうしています。でも私にあるのは、お金だけです。妻とも離婚し、子供も妻に引き取られました。本当に寂しい生活です。そんな私を、癒してくれるのが、出会い系サイトで知り合った女性たちなのです。だから、彼女たちには本当に感謝しています。お金を渡しているんだから当たり前。なんて思ったことは一度もありません。
LINEで割り切り
こんな私と会ってくれることだけで、私はいいのです。中には、私と本気で付き合いたいと言ってくれる女性もいましたが、今の私は特定の女性を幸せにする自信がないので、お断りさせていただきました。不特定多数の女性を、金銭的に満たしてあげることが、今の私にとっては、大事なような気がしています。妻や、子供に対しての罪滅ぼしというわけではないですが、こんな形でも誰かの力になれるのなら、私の心は救われます。お金には変えられない時間を与えてくれる彼女たちには、本当に幸せになってほしいと思っています。彼女たちのほとんどが、過酷な生活を強いられているのだと思いますが、こんな男もいたなと、いつか思い出してくれたらと思っています。少しでも彼女たちの希望になれたらと思い、今日も別の女性と会うのです。
ライン掲示板
セフレアプリ