処女を捨てたい

児童買春での逮捕を回避する
妹から「処女を捨てたい」って相談されて、俺、ちょちょ、チョイ待ってなんてうろたえちゃったよ。
さすがにおにーちゃんはそこまで面倒見切れないぞって思って・笑
身構えてたら、妹が「別におにぃに頼んでないよ。誰か、友達とか紹介してって言おうとしたの!」って。
あ、なんだ、そういうことかって思ったけど、いざ妹の処女を捨てたい願望の相手となると、誰も思いつかなくて。
妹のことまで託せるほど、信頼してるツレもいないしさ。
「そういうの、おにぃは無理だ。諦めろ。自力でなんとかしろ」って断ったよ。
っていうか、こういう相談されると思ってなかったから、ちょっとびっくりしたよね。
確かに妹、ちょっと奥手なところがあってさ。モテないわけじゃないんだよね。割と、色んな男から告白されるみたいだし。
その中でテキトーな相手見つけて、付き合えばいいじゃん。
処女を捨てたいって言えば、男なら喜んで付き合ってくれると思うけどね。
「お前、モテるんだから、自力でなんとかできるだろ」って言ったら、「ダメなんだよねー」って。
何かと思ったら、妹も自分なりに考えて、そろそろ歳も歳だし、処女を捨てたいって思い始めて、何人かの告白して来た男と付き合ったんだって。
だけど、その中の誰もエッチしようとしてこない、と。
「自分から誘った?」って聞いたら、「二人目の人と付き合ってる時にそういう雰囲気になったことはあるんだけど」って。
いざって時に「自分には無理です。好き過ぎて、本当に恐れ多くて、無理です」って土下座されたって。
まぁ、確かに妹、可愛いからね。男の方が委縮しちゃうのかも。
純潔
婚前交渉

おしゃぶり

 仕事を頑張りすぎちゃったために体調を崩して、暫く休養することになったんです。
ちょっと休むと体調も良くなっちゃって、やることも無くなると途端に性欲が持ち上がってきてしまいました。
そこで、会社を休んでいる間にセックスでも思いっきり楽しもうかと思って、PCMAX使ってセフレ募集をしていきました。
このとき、見事に熟女と知り合って、大人のテクニックでたっぷりとおしゃぶりして貰うことが出来たのです。

 僕は25歳、激務が重なり1ケ月をほど保養するはめになってしまいました。
しかし体力的な部分はすぐに回復したために、今度は退屈になってしまって、さらに性欲も思いっきり出てきちゃってて、これを処理しなければならない問題を抱えてしまったんです。
出会い系サイトでセフレでも作って気持ちよくなろうと思ったんだけど、やっぱりこういうサービスだからすぐメールすることが出来たんです。
38歳の熟女と知り合うことが出来ました。
フェラがしたい
「若くて元気なオチンチンをたっぷりおしゃぶりしてみたい」
彼女のこの発言でアポが決定していきました。

 実は僕は熟女っていう年齢の女性とセックスをするのが初めての経験でしたから、どんな感じなのか全く分らなかったんです。
しかし、セックスすると若い女性と全く違ったエロさがありました。
何よりもそのフェラのテクニック、彼女のおしゃぶり上手には驚かされてしまうばかりでした。
奥深さがある、そんな言葉がピッタリなんじゃないかと思いました。
ものすごく気持ちよくして貰うことも出来ちゃうし、また彼女の肉体の反応の素晴らしさ、敏感さには感激すらしてしまったほどです。
まったりとおしゃぶりされてすっかり気持ちよくなっちゃって、僕も思いっきり彼女のオマンコ舐めた後に、挿入して激しいピストン運動をしてあげました。
何だか熟女に貴重な体験させてもらったって感じで、出会い系使って本当良かったって思いました。

異常性欲

中年男性とのセックスで絶頂
異常性欲じゃないよ( ^ ^ )

私の彼の話をしますね。
彼とは同い年。ちょっと気の弱そうな、いわゆる草食系男子。

彼私も、ウェブデザイナー。ある大きな際のサイト制作の仕事で、3ヶ月ぐらい一緒のプロジェクトやりました。

2人とも派遣で、その仕事のプロジェクトの時だけその会社の中で一日中ほぼ隣同士で作業をしてました。

何となくお互い惹かれるところがあったので、仕事が終わった後食事をしたりするようになりました。

食事の後のなかなか話が進展しなかったんですけど、プロジェクトが打ち上げになったその日食事の後に、彼からホテルに誘われました。

結論から言うと、その日彼は全然だめだったんですね。私がお口でもしてあげたんだけど、全然大きくならなかった。

彼は、すごく落ち込んじゃって、見てるのも可哀想なほどだったんです。

私もちょっと気まずくなったんだけど、基本的にすごく好きになっていたから、「気にしないで」って優しく言ったつもりです。

その後も、ちょっとだけ気まずい思いをしながらも、デートとか食事してました。
そしてある日、なんとなくまたホテルへ。
その時、彼が私に言ったんです。

「君の今着ていたブラウスと、下着の匂いをかぎながらしてもいい?」

ちょっとびっくりしました。そんなこと言われたの初めてだったから。
でも、彼の目は思い詰めたように可愛かった。

「これって異常性欲だよね?」恥ずかしそうに彼は言ってた。

なんか、すごく真面目な顔してた。だから「いいよ」って言ったんです。

彼は「ありがとう」小さくいました。

私のブラウスやパンティーを鼻に押し当てながら、彼は私に抱きついてきました。
彼の言った通りでした。
その日の彼は、普通のセックスどころか、すごかったです。異常性欲でも何でもないと思いました。

一回した後、彼の希望で私のパンティーで彼のあそこしごいてあげました。

びっくりしたのは、さっきいったばかりなのに10秒位でもう一回いってしまった事です。

その日は、とっても幸せでした。
私は彼に言ったんです。

「異常性欲なんかじゃないよ」

それからは、いつもそんなふうに楽しんでいます。

精力剤

中出し願望

出会い 人妻
 男から考えてみますと女性ってのは中で出されることを嫌っているって思っていました、そりゃ恋人同士で安全日だったら話も違うでしょうけれどね、セフレ関係で中出しされるのは確実に嫌っていると信じていたのですが、どうやらすべての女性がそうではないようです。
僕が出会ったとっても淫乱な人妻さんはこの逆で、中出し願望を抱いているといった人でした。

サイト内でも「中出し希望」と書き込みをしているのには驚いてしまいました、えっいいの?って感じでメールをしてみたのです、そしてすぐに返信が届きまして、膣内で出されるとすごく感じてしまうかと言われてしまいまして、アポ取るのもわすせか5通程度で、翌日にはアポということになっていきました。
こんなに早く出会えていいものなのか?という感じでしたし本当にやってくるのか?と疑問だらけだったりのです。
しかし当日の朝も「楽しみにしてます」とメールも来ましたから、出かけて行くと自分よりも早く待っていてくれて感激でした。
27歳の独身OLのアスミさん、清楚系の女性でしてこんな人が中出し願望あるんてって感じで見た目のギャップで余計にエロく感じてしまったのです。
ホテルでも淫乱という感じではなくてどこか恥ずかしがっている様子もあるし、とても不思議な方でした。
愛撫していくととても上品な感じ方というか奥ゆかしさを持っているのです、勿論とっても乱れていてくれるのは確かでオマンコもマン汁がすごい量でした。
締りのいい膣にズボズボと入れまくってやり、大量に放出してやったのですがその時のアスミさんの表情がすごくエロかったのです、至福のときを味わっていました。

中出し願望のOLさん、とても刺激的なセックスを楽しめましたしこちらも中で出せて本当に気持ちよくなりました。

クンニ